クレジットカード現金化で得するたった一つの冴えたやり方

クレジットカードの現金化の口コミや体験談に隠れる偏向


クレジットカードの現金化を考えるうえで、さまざまな情報を手に入れていこうとするでしょう。 安全な取引をするためには、こうした情報集めは正しいことです。 しかし、情報が正しくないものを正しいと思い込んでしまえば、せっかくの方向が間違ったところに行ってしまいます。 実際にクレジットカードの現金化を調べてみると、口コミ的な体験談は危険なものが多いことがわかるのです。

口コミというものの性格を考えた場合、うまくいったことはあまり載せません。 一般的に、こうした情報のうち、9割はネガティブな情報だといわれているのです。 日本人の感覚として、取引は成功して当たり前だと考えています。 失敗すれば、文句の一つも言いたいといって、口コミで書き込んだりするのです。 つまり、ポジティブなことは当たり前だから書きません。 口コミ情報の怖いところで、真実の一端しか見えてこないものだと考え、利用することが重要となってくるといえるでしょう。

口コミの正反対が、体験談です。 こちらは、使ったこともない人が作っていたり、業者が自分たちのマーケティングの一環として出していたりすることが多い情報といえます。 高い還元率で現金化できたとか、特別な還元率でやってもらえたとかいったものは、ほとんどマーケティングのために出していると思っていいでしょ う。 本当に利用しても、そこまで優遇は受けられることはないのです。 こうした情報の後には、必ずアドレスがくっついていたりすることでしょう。 まとめサイトにおおいタイプですが、こうした体験談を読んでもらうことによって、顧客を増やそうとしているのが見え見えなのです。 さらに、その下に投稿が付いており、私もこれで成功しましたといった話が続いていたりするものですから、信用してしまったりします。 しかし、これも自作自演で、何の意味もないことがほとんどなのです。 知恵袋なども同じようなことが多く、URLが最後に貼ってあり、こうしたところを利用するといいといったものは、ほとんど自作自演とみていいで しょう。

インターネットの情報は確かに便利ですが、何らかの意図が働けば、偏向的なものになるということを覚えておくといいでしょう。


↑ PAGE TOP