クレジットカード現金化で得するたった一つの冴えたやり方

現金化する時のプロセスはいったいどんな感じ?


クレジットカードを使って現金化するとするのであれば、いったいどんな処理がおこなわれているかが気になるところでしょう。 なんでこんな話があるのか、なにかリスクがあるのか、そういったことを考えるのが当然です。 仕組みを知ることができれば、その悩みも氷解させることができるでしょう。

クレジットカードを現金化させる場合、商品を購入するところから始めます。 クレジットカードのショッピング枠を使って商品を購入しますので、例えば10万円のものを購入すれば、ショッピング枠から10万円引かれます。 この10万円は、商品を販売している相手に振り込まれることになるのです。

ここからが、いろいろと別れていきますが、一番簡単なのは、商品を相手に渡し、現金は還元率に合わせて振り込みます。 これがキャッシュバック式の仕組みになっているわけです。 ほかにも、商品自体は現金化する側がキャンセルしてしまい、現金をクレジットカードの保有者に返還するという方法もあります。 この場合には、クレジットカードの利用歴が残りますので返済の義務はありますが、キャンセルされた商品に対する支払い料金が10万円の現金という 形で返ってくるのです。

こういった方法のどれもが、クレジット枠の利用歴という形で残ります。 返済はあくまでもクレジットカードの利用という形になりますので、キャッシングという形にはなっていません。 あくまでも商品購入になっているのが、この方法の特徴なのです。

ただし、こうした方法を快く思っていないクレジットカード会社もあります。 中には、キャンセルを使った方法などは、利用停止にしてしまうこともありますので、現金化する業者を選ぶということも重要になってくるのです。 しっかりしたところでは、もちろん、規約に違反しないように対策が施されていますので、不正利用で利用停止にならないように考えられています。

当然のことなのですが、返済義務は消えてしまったりするわけではありませんので、計画を持って取引することが大切です。


↑ PAGE TOP