クレジットカード現金化で得するたった一つの冴えたやり方

借金かショッピングか?クレジットカードの現金化の扱い


クレジットカードを使った現金化は、いったいどんな扱いになるか考えてみたことはあるでしょうか。 お金を作る方法ですので、いったいどんな方法なのか考えておく必要もあるでしょう。

まずは、どんなプロセスで行っているのかを知らなければいけません。 クレジットカードを使い商品を購入するというプロセスは、クレジットカードの現金化方法としては同じです。 指定された商品を購入し換金する方法や、キャッシュバック付き商品の購入によって現金を得るという方法もあるでしょう。 自分でいろいろなものを購入し、買取り店に持ち込むというのも、クレジットカードの現金化の一つです。 ここで共通しているのは、クレジットカードを使用しているということでしょう。 当たり前と思われるかもしれません。 購入しているので返済が残りますが、借入れではないというとことが重要なのです。

実際にお金を借りているわけではなく、ショッピングの延長戦にあるということが重要でしょう。 履歴には商品の購入だけが残りますので、借金とはどこにも情報が付かないのです。 商品購入の費用に関しては後払いになりますので、返済はついてきますが、お金を借りるということとは違いがあるといえるでしょう。 もちろん、借入れということに関してのトラブルは起きませんので、安心できるともいえます。

借入れではありませんので、借り入れ履歴が残ったりすることがないというのも大きなポイントです。 住宅ローンを組んだりする場合には、こうした借り入れ履歴があると、マイナスの査定になってしまうことがあります。 しかし、カードで買い物をしているだけですので、ほとんど影響をあたえることはないといえるのです。 ただし、返済を滞らせたりすれば、しっかりと履歴が残ることになります。 計画的に考え、返済できるようにしていくことも大切です。 クレジットカードであっても、忘れてはいけないことですので、計画的に行うことが必要となるでしょう。


↑ PAGE TOP